あの景色を撮りに行こう

ちょっとそこまで、でも小さな出会いがある♡ ひとつひとつの出逢いに感謝しながらまた、今日も新しい景色に出逢う。       素敵な景色をみること、食べることが大好き♡なアラサ―です♪

カテゴリ:九州・沖縄 > 長崎

※さかのぼり記事です※


ハウステンボスとは

小学生のころ、修学旅行で訪れたハウステンボス。
それ以来訪れることもなく・・・いつの間にか私も大人になっていました。

ハウステンボスが全国的にも話題になったのは、2010年4月よりH.I.S.を中心に経営再建が始まったというニュースが流れたからでしょうか。

今となってはランキング常連のイルミネーションスポットとなっています。


2012年1月 光の王国 第2章「光と炎の王国」
※遡り記事のため、記憶が曖昧な部分もございます、ご了承ください。


ハウステンボスへ「光と炎の王国」が見たくて遊びに行きました。

当時お付き合いしていた彼の誕生日に、私の行きたかったハウステンボスへ行くという・・・気の利かない彼女でした。笑
IMG_0208
入り口からイルミネーションでお出迎え。


シンボルタワー ドムトルーン

IMG_0221

ハウステンボスのシンボルタワーであるドムトルーンも夜になると違った顔を見せてくれます。

ドムトルーンは高さ105メートルの大きな塔で、昼間に見るとまた違って見れるので私は大好き。
この日は撮っていませんが、ドムトルーンの高さ80メートルのところに展望所があり、そちらでみる景色もまた素敵です。

パスポート・パスカードがあれな利用無料で何度でも利用可能となっているので、日中と夜、それぞれ景色を楽しむことができる、おススメのスポットです。

夜は「光の王国」のイルミネーションを上から見ることが出来るので、デートにもおススメです♡

IMG_0247
※ちょっと画質が悪いですが・・・

やっぱりドムトルーンの存在感はすごい!笑


ライトアップでさらに美しい スタッドハウス

夜のハウステンボスで一番美しいと思うのは、やはりアレクサンダー広場に建つスタッドハウスのライトアップです。

IMG_0236

いつ見ても美しい・・・

IMG_0238

右のる木もイルミネーションが施してあり、とっても綺麗です。
ハウステンボスを訪れたら必ずスタッドハウスの写真は納めるというほど、お気に入りの場所です。


ドムトルーンもスタッドハウスも私のおススメというのは十分伝わりましたか?笑

IMG_0227

ドムトルーンとプロジェクションマッピングが上映されているスタッドハウス



ハウステンボスではイルミネーション以外にもたくさんのイベントに力を入れていることをご存知でしょうか?

ワンピースとコラボしたり
太鼓の達人が大きな壁でできたり笑(今でもあるのかな?)

私はリピーターですが、いったことない方は一度行ってみて損はない施設です!


くまさん好きにはたまらない テディベアキングダム

私の従妹は大のくま好きで、彼女へのお土産はくまの一択というほど。
そんなくま好きさんにおススメの施設が「テディベアキングダム」です。

こちらにはたくさんのテディベアが展示されています。

IMG_0209
座高3.6m、重さ500kgのジャイアントベア。
一度は見ておいて損はないです。笑

ただただ、でかい!


まだまだ進化し続ける

公式サイトを見ていると「夏の光の王国」はもちろんのこと、ゆり祭りやサマーローズ、ナイトプールなどなど盛りだくさん!(取り上げたのは自分が興味があるイベント笑)

無人島を舞台に繰り広げる「ジュラシックアイランド」は1日200名限定と話題になりそうなアトラクションもあります。

他にも、年間を通して色々なイベントが開催されておりとっても楽しい施設です!


経営再建を目指してハウステンボスは人気が出て、今となっては人気のスポットですね。
この記事を書いている私も、ハウステンボスずきなひとりです。

今は九州を離れてしまったのでハウステンボスに気軽に行けないのが残念・・・

ゆりが好きなのでゆり祭行きたいよーーーー



□□□□□□□□□□
※旅行・観光ランキングに参加しています。


にほんブログ村
□□□□□□□□□□
    このエントリーをはてなブックマークに追加

※2011年10月乗船時の記事です※


2011 年 4 月 1 日に運行スタート、ハウステンボスの新アトラクション「ONE PIECE サウザンド・サニー号クルーズ in ハウステンボス」。

066

1 日 7 便、約20分のクルーズで運航していたサウザンド・サニー号はわずか 3 ヶ月で乗船者数 10 万人を突破する人気ぶりです。

残念ながら、ハウステンボスについたときは曇りでした。

076

乗船開始時間には乗船して船内を散策。

当たり前ですが、ワンピース一色でテンション上がる・・・♡笑

077
075

船内には各所にキャラクターが配置されていて、、、写真ばかり撮っていました。

073


チョッパーかわいすぎるーーー!笑


078

約20分の航海はあっという間に過ぎ、帰港まであと少しのところでとっても素敵な景色が。

ドムトルーンに夕日が当たり、とっても素敵な景色でした。


080

フランキーもしっかり夕日を浴びて一段と輝いていました。笑







□□□□□□□□□□
※旅行・観光ランキングに参加しています。


にほんブログ村
□□□□□□□□□□

    このエントリーをはてなブックマークに追加


ランタンを見に行った2日目の夜。
福岡へ帰る前に彼がソワソワ・・・時間をやたらと気にしていたので何かと思えばお風呂の予約でした笑


訪れたのは、稲佐山温泉ふくの湯さん。
駐車場は広く、また循環バスも定期的に動いています。

一般大浴場に岩盤浴そしてバイキングもあるようですので子どもから大人まで楽しめる温泉施設ですね^^お風呂と温泉と一緒に済ませれるのはお子さんのいる家庭には嬉しいんじゃないかな。

さて、今回利用した家族風呂は「びーどろ」

image

image

こちらのお風呂では湯船に浸かったまま夜景を見ることは出来ませんでしたが、テレビを見ることは出来ました笑

少し高めの壁にテレビが据えてあるので見やすい。
休憩スペースで寝っ転がると見にくいようですが・・・(彼意見)

お部屋のタイプはひとつひとつ違うよう出うのでHPでお部屋をチェックしてから予約されるといいと思います^^(お部屋の指定が出来るかは確認くださいm(__)m)


5
HPよりお借りしました。


あ、私個人的な意見ですが・・・
少し塩素臭が強く感じました><


□□□□□□□□□□
※旅行・観光ランキングに参加しています。


にほんブログ村
□□□□□□□□□□

    このエントリーをはてなブックマークに追加


人生初のJAL系のホテル。

ビジネスホテルよりの対応でしたので、ビジネスホテルとして考えるとまあいい方なのではないでしょうか?

image

茶色を基調としたとっても上品なお部屋でした。
ただ照明は少なく少々暗めかな・・・?


image

アメニティー一つ一つにJALのロゴ入り。
部屋の広さもそう、広くなくちょっと設備が揃ったビジネスホテルという感じでした。
彼が宿泊日ギリギリに予約してくれたため、残りの部屋も少なかったみたい。


立地としては長崎新地中華街のすぐ側なので、中華街やランタンフェスティバルをメインに楽しむ方にはいいと思います^^
私のお勧めする中華料理のお店「天天有」のある思案橋へも歩いて行けますしね♪


気になる点を挙げるとすれば、、、
エレベーターまでの通路も結構控えめな明るさで、朝でも暗いなと感じるほどでした。。。

□□□□□□□□□□
※旅行・観光ランキングに参加しています。


にほんブログ村
□□□□□□□□□□
    このエントリーをはてなブックマークに追加


長崎ランタンフェスティバルへ行った日の夜、夕食を食べに思案橋まで。

2年ほど前、一度伺ったことのあった天天有さん。
こちらの太麺皿うどんがどうしても食べたくて・・・彼を引き連れて(笑)。

22時頃の訪問でしたが、テーブル席は満席。カウンターが少し空いていました。
仕事終わりのサラリーマン風の方々やキャリーバックを持った観光客の方の他に常連さんらしきお一人様のお客さんまで様々。地元の方にも利用される人気店で間違いなさそうですね^^

注文したのはこちら。
image
中華丼

無類の中華丼好き(●´ω`●)♡ですが、前回訪問時はお一人様&時間があまりなかったので食べれず・・・。今回は彼も一緒に訪問できたのでここぞとばかりに注文しました^^(彼は他の料理を注文したかったようですが笑)

image
ちゃんぽん

モチモチとした食感で、少し甘みがある麺。
調べてみたところ、長崎のちゃんぽん麺は他県とは違う製法で作られているようで独特の風味のある麺のようです^^



そして私が一番お勧めする・・・
image
太麺皿うどん/*


うん、この味!この甘めの味付けに好みでお酢を絡ませて食べると本当に格別!!!
私はお酢多めの甘酸っぱい太麺皿うどんが好みです(●´ω`●)♡



中華丼も太麺皿うどんも全体的に甘めの味付けです。長崎の昔からの文化で砂糖を使って味を調えているようです^^甘めというと少し抵抗があるとは思いますが、本当におすすめなので一度は食べて頂きたい!

image
夜はムーディーな思案橋周辺。

image
黄色に赤文字が目印です!


□□□□□□□□□□
※旅行・観光ランキングに参加しています。


にほんブログ村
□□□□□□□□□□
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ